波打ち際のDéesse

ここは自由の国

沼津(内浦)渋谷オフレポ

2017 9/19 沼津(内浦)に聖地巡礼、渋谷でミカリンくんとラーメンオフしました。思い出を文字として残しておきたいので記事にします。ブログ便利すぎるね😅

見やすさ度外視の完全自己満記事なのでミカリンくんの所までスクロールした方がいいと思います。と思ったけど写真多すぎて大変なのでタップすると下まで行くあれをそのうち付けます。

 

多分ね

 

起床〜東京駅(6:33)

24時に就寝してたのでキツかった。キツイのはオタク度だけにしてくれ。

愛で乗り越えました。

 

東京駅〜沼津駅(7:34)

新幹線乗るのが中3以来だったので案の定失敗しました(沼津駅で降りる時に新幹線の切符持ってかれて萎えた。取っておきたかった…)

熱海駅から見えた朝焼けの海が最強でしたね!!写メ撮ろうとしたら時速100kmくらいで通り過ぎました。沼津駅では千歌ちゃんがライブ宣伝してた場所を写真に収めました。よき。

 f:id:S-Amiral:20171027000155j:image

 

沼津駅〜丸勘(9:00くらい)

ラブライバーのツイートで丸勘を知ってその流れで朝飯がここになりました。朝やってたのは丸勘くらいです。大盛りヨーソロー♪やろうとしたらまじでモノマネみたいになりそうでやめた(いい歳した兄ちゃんがヨーソローはやべぇよ)駿河丼(しらす&海老)と味噌汁を注文しましたが超美味い。久しぶりに笑みが零れる飯を食べましたね🤔🤔🤔

 f:id:S-Amiral:20171027000343j:image

 

丸勘〜あわしまマリンパーク(10:00くらい)

 バス停まで移動。バス来るまで時間あったので辺りをうろちょろ…そしたらラッピングバス来ました!!爆アドですね。この後待ってたバス停が違う事が判明して少し戻った所に本来乗るべきバス停がありました。危なかった😅

 f:id:S-Amiral:20171027000502j:image

 あわしまマリンパーク(〜13:00)

果南ちゃんと鞠莉さんの家(カエル館とあわしまホテル)と淡島神社があります。

まずは島を一周…途中で駿河湾撮ろうと手すりに体重預けたら老朽化してたもんで柵ぶっ壊れました。まじで死んだかと思った(落ちてもすぐ陸だから大丈夫)あわしまホテルも撮れたので満足です。

水族館があったので覗いてみました。今まで見てきた水族館の中で一番小さかったのですが一つ一つ工夫が施されていて今まで見てきた水族館の中で一番面白かったです。

覗く(30分〜)になってました

次は淡島神社。これがまぁ〜辛い!往復50分って看板あってまさか〜とは思いましたが成程…って感じです。最近はもう運動しないオタクなのでめちゃくちゃキツかったです。なんとか頂上までたどり着いて参拝し裏に回ると…

6人くらいのオタクがスクフェスしてました。

受精卵からやり直せ。唯一そこだけ見て回れなかったのでちょっと残念です。

階段をまた降りる時に岩テラスに向かう分かれ道に行ったのですがそこからの景色は絶景でした。ほんとに自然に「すげぇ…」って言ってました。オーーーーーシャンビューーーー!!!!海が輝いてますよ!!!Aqoursの輝きそのもの!!!!!

 

帰り足に力入らなくて手すり使って降りてました。次来る時まで運動しておきます。

お昼はおとめラーメンとオレンジマンゴージュース?です。

 f:id:S-Amiral:20171027000555j:image

この光ってる感じすごく良さ味を感じないか?

f:id:S-Amiral:20171027000528j:imagef:id:S-Amiral:20171027000956j:image

 

徒歩(果南ちゃんランニングコース)(〜16時)

果南ちゃんがここから弁天島までランニングしてたので私は徒歩でセブンイレブン・三の浦案内所・長浜城・弁天神社・長井崎中学校を回って安田屋旅館に戻るルートを選択しました。ここから地獄。淡島神社で体力を消耗したのに気合いで頑張ろうとしてたの100%頭おかしい。愛とはこわいものですね(すっとぼけ)安田屋旅館通り過ぎる時オタクが駐車場の道塞いで並んでたwwwwwwwwwあっこれ叩かれるすみませんすみませんすみませんf:id:S-Amiral:20171027002813j:image

 

 〜三の浦案内所

景色が綺麗(n回目)一歩一歩噛み締めて歩きました。疲れて足が上がんなくて何回か転びそうになったりインプレッサが通って余所見して転びかけたりしてましたけどね。途中であのセブンイレブンも発見しました。三の浦案内所はオタクがよく釣れるところです。

f:id:S-Amiral:20171027003354j:image

 

 長浜城跡( https://ja.m.wikipedia.org/wiki/長浜城_(伊豆国) )

いつも富士山見えてるらしいのですが今回は見えませんでした。いや、見えないことも無いけど薄らって感じです。相変わらず内浦湾は綺麗でした。また階段で普段から引きこもりオタクしてるので長い時間休憩してました。

(どの画像にするか悩みましたが旗が映ってるのがポイント高かった)

 f:id:S-Amiral:20171027001808j:image

 

弁天神社

果南ちゃんのランニング折り返し地点です。踊ってましたね。可愛いいぃいいいいいいいい。で、来る時は赤い立派な鳥居が見えていたのですが近づいてくると小さな路地に怪しげな入り口で入って大丈夫なのか?と。しかも階段がエグい。バリアフリーなんてなんのその。もはや崖でした。入ってみたらちゃんと神社で参拝して感傷に浸ってました。

f:id:S-Amiral:20171027002943j:image

 

 長井崎中学校

また坂でした。‪†‬気合い‪†‬途中から荷物が重く感じてタペストリーにカバン掛けてテコの原理で持ってました。(いやこれまじであかん)f:id:S-Amiral:20171027003201j:image

 

折り返し〜安田屋旅館

ここからまた安田屋旅館まだ歩きました。行きで全部寄ったので真っ直ぐ…という訳にはいかずもう一度弁天神社・三の浦案内所寄って安田屋旅館に行きました。途中飼い猫が甘えて来て更に立ち往生してしまった…

 f:id:S-Amiral:20171027003251j:image

 

安田屋旅館(16:00~18:55)

温泉入って帰るかぁ。って流れで完璧だったのにここからプレミ連発し始める。

1.まず始めに温泉が18時からだった

ミカリンくんとの時間に間に合わない一旦冷静にななななななってミカリンくんに何時にどこのリプ送りながら長蛇の列に並ぶ(この時にはちゃんと反対の壁側に並んでた)更に携帯の残量が僅か10%

2.セブンイレブンでバッテリー購入するも充電するもコードが断線してた

もうなんか全てをぶち壊す勢いだったね。

とりあえず調べた所21:00にすれば猶予あるのでミカリンくんに土下座して30分遅れての集合に変更。

更に充電の方は触れなきゃなんとか増える程度だったので回復を待ちました(おかげでここから35%ま回復。帰宅までなんとか持ち堪えた)

プレミを取り返したところでやっと一息。Aqoursの名前が決まった三津海水浴場で同じ事やって1時間半くらい時間潰してました。

18:00になった所で温泉に…イメージとは違いましたが気持ちよかったです。ほんとミカリンくんの人格が神で助かった。ここにも三の浦案内所と同じようなノートがあったので書きました。写メは忘れた。f:id:S-Amiral:20171027003614j:image

 

安田屋旅館〜渋谷駅(21:00)

バス→東海道線→新幹線→山手線で最速ムーヴしました。これといっていう事はないです。というのは嘘で疲労が一気に来てバスで寝てた。

 

  1. 合流〜ラーメンオフ(??:??)

ハチ公前で合流予定だったのですが如何せん人が多くて見つからないのでこれ持ってるよ!ってタペストリーの棒送ったら速攻で見つかった。つまりハチ公前の明らかなオタクを探したなって。ウェイ偽装オタク来た。なんだ岩〇と一緒か。

ラーメンが最強に美味かった。濃いのもやっぱりよき。

帰り渋谷駅で長い時間話してたけれど、「いのりんの為なら命を捧げられる」「JCが最強」「女の子の血は吸いたい」「踏まれたい☆」って言ってて、「あぁ…こいつはやばいオタクだな。」って思いました><...

次会うときは1日の予定空けておきます。

f:id:S-Amiral:20170921030845j:image

 

帰宅(日付変わってた)

風呂入ってすぐ泥の様に寝ました

 

如何だったでしょうか。写真多くてすみません;;ここに置いておけば失くしたもまた保存出来るのでピックアップして載っけました。沼津は本当に良いところでした。また平日に行きたいです。平日だったら普通の人も訪れていいと思います。土日祝とイベントの時は正直オススメできないです。私でも「は?????」って場面あったから。でも、沼津に来て英気を養う事が出来ました。また暫く頑張れそうです。途中飛ばして読んでくれた方・最後まで読んでくれてありがとうございました!!f:id:S-Amiral:20170921221032j:imagef:id:S-Amiral:20170921221026j:imagef:id:S-Amiral:20170921221044j:image

約12kmくらい歩いたのかな?

起きたら風邪引いてました。

 

また行きたい。あの景色は私の人生の宝物です